上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
081231_1051~02.jpg
アメ横に行きました~
写真は入口近くなので人は少なめ
中心近くはラッシュの通勤電車並み
おまけに歩かねばならぬラッシュだから
あぶなっかしいったらない
買ったカニの爪が袋を突き破り
足を刺して痛いのに
腕を動かすこともできず
チクチク刺されながら歩き続けた
しかし
やっぱり安かった~
来年はもう少し早めに行こうっと

あと数時間で終わる2008年
今年も皆が元気で過ごせたことを
感謝します
来年もよい年になりますように!
皆さんもよいお年を!
スポンサーサイト
2008.12.31 / Top↑
081228_1915~020001.jpg
明日で2008年も終わり
あっという間だな~
今年は芝居を三本やったが
いずれも出会いに恵まれた芝居だった
新しい素敵な友人も増えたし
家庭では
長女の高校入試&合格が大きな山だった
次女はバレー部キャプテンに
三女も中学入学
子供達もだんだん手がかからなくなってきたね
まぁ、弁当作りが始まったのは拷問なのだが・・・
まずまず幸せな一年だったと言えましょう
で、私個人としては
溜めの年だったという感じ
何がというわけではないが
蓄積している
と感じることが多かった気がする
来年にその蓄積が何か形になるのか
さらに溜め続けるのかはわからないが…
仕事としては、今のところ
年明けに映画
初夏と秋に芝居をやることが決まっている
詳細発表は来年に持ち越しだよ~ん

皆様お正月の準備はお済みですか?
私は明日アメ横に行こうか悩んでます
混んでるだろうなぁ
写真は
イチの冬仕度
2008.12.30 / Top↑
081228_2308~01.jpg
ズズーンと分厚い二冊
スタニスラフスキーの「俳優の仕事」
これまで日本では「俳優修業」という題で部分訳のものが出版されていたが
今年新訳にして完訳というこの本が出た
二冊合わせて一万円以上というお高い本だが
いろんなところで薦めている人がいるので買ってしまった

スタニスラフスキーをご存知でない方々の為に説明しますと
スタさんは百年ほど前のロシアの名優で
西欧で初めての俳優教育システムを作った人なわけです

私が「俳優修業」を読んだのは二十代で
全くちんぷんかんぷんだったが
あれから20年も俳優やってるわけだし
いくらか理解できるようになっているのではないか
さらには今後の自分にプラスになるハウツーが書かれているのではないか

ホッホッホ
もし次の舞台で私の演技が著しく変わっていたら
それはスタニスラフスキー・システムのせいかもしれませんことよ
どんとこい!チェーホフ!

ま、読破できたらの話だが…
2008.12.28 / Top↑
081212_1329~02.jpg
この時期になると
年内にやらねばならないと思われることの多さに
急かされる気分でかなわん
年賀状書き、大掃除、忘年会、おせち作り、などなど
いっそのこと来月を13月であると思い込んで
いつもの月末みたいに過ごしたらどうだろう
次は14月ってな具合に果てしなく続いて
誕生日も459月15日生まれみたいにして
カレンダーも5000月から5100月までという単位で発行して
そして永遠に新年はやってこない
……
やっぱりそれもいやだな
区切りがあるからリセットできるんだな
ま、人間の知恵なんでしょうな

ニャンコにはそもそもなんの関係もないニャン
ケーキの生クリームが美味しかったニャン
2008.12.26 / Top↑
青年座の忘年パーティ
今年も沢山のお客様がいらしてくださいました
ありがとうございました
青年座も55周年ですと
なのでゴーゴーパーティですと
ほほほ

2008.12.26 / Top↑
081224_2147~01.jpg081224_1650~01.jpg
写真のような毛皮を着込んで撮影し
写真のようなケーキで
ちんまりと我が家でクリスマス

今年もだんだん残り少なくなりました
皆さん楽しいクリスマスをお過ごしですか?
私は顔の吹き出物も目立たなくなり
ひいていた風邪も峠を越しました
暗い話に負けないで
ニコニコときもちよく
陽気に日々を生きたいものですね
メリークリスマス!
2008.12.24 / Top↑
081223_1900~01.jpg
お世話になったプロデューサーのお通夜
私のデビューと言っていいドラマ
「泣きっ面に姑」シリーズを作った方
その昼ドラのヒロインに
オーディションで私を選んでくださった
シリーズもパート3まで続けてくださった
きっと私にいくらかの期待をかけていてくれたに違いない
にもかかわらず私ときたら
パート3撮影終了後すぐに妊娠出産
その後は立て続けに三人も
つまりは期待を裏切ったわけだ
新人というのは
怖いもの知らずであり
かつ有り難いもの知らずなもので
今になってみれば
そのチャンスがいかに有り難いものだったか分かるが
当時の自分は
そんなチャンスはゴロゴロ転がっている気がしていた

もしこの時点で子供を産まずに
チャンスの波に乗り続けていたら
という仮定の考えを
私はくだらないことと思っている
後悔めいた気分になることを嫌悪している
今私は三人娘に囲まれて幸せだし
それのない人生なんて考えられない
でも
今日だけは
一度ご本人に伝えたかった一言をご霊前で告げました
「ごめんなさい」
「でも見ていてください
あいつは時間がかかったけど
やっぱり選んだだけのことはあった
と言ってもらえるような役者になります」

写真は
お通夜は増上寺にて
外には美しい東京タワー


2008.12.23 / Top↑
ヘルペスに悩む方々から
メールありがとうございます
しかし今日行った皮膚科では
「それはニキビです」と言われた
納得いかん!!
だって急に痒くなるんだよ!
ニキビって痒くならんでしょう?
まぁ、ニキビの一種っていうことなのかもしれぬが・・・
今日もプツプツ増え続け
数えたら16個もプツプツしてる・・・
うわぁ~ん
2008.12.23 / Top↑
081220_1623~02.jpg
写真は新宿御苑を臨む高いビルから撮影
山に沈む夕陽

口のまわりにプツプツとできものが…
かゆいなぁと思うと
そこが腫れてプツッと先が水ぶくれになる
これが口唇ヘルペスというものなのかなぁ
もう立て続けに十個くらいできちまったから
明日医者に行くよ
あさって撮影なのでヒヤヒヤだぁ
ヘルペスホステスじゃん

2008.12.22 / Top↑
081219_1657~01.jpg
インフルエンザの予防接種した
もう流行っているらしいから
効力が出るまでの二週間以内に感染しないようにしないとな
子供がいると
私が気をつけていたって感染しやすくなる
芝居の最中は子供のセキにも過敏になる
風邪気味の子供を心配するどころか
側に来ないで!
なんて言ったりして
ひどい母親だな
きっと子供たちは「こんな親にだけはなるまい」と思っているだろう

年内最後の仕事はドラマでのホステス役になりそうです
そのためにネイルとかしようかなぁと思ったけど
つけ爪でしのぐことにしました
大掃除とかでダメになりそうだし
トヨタは赤字に転落したし
ま、関係ないけど
関係なさそでありそなこの世の中だからさ
2008.12.19 / Top↑
081219_0004~02.jpg
芝居が終わって数週間
娘が学校から帰ってくるのを待つ生活
この生活けっこう好き
これを長く続けていると
すっかり出無精になってしまい
二度と舞台には戻れない気がしてくる
あんなに毎日何時間も稽古したり
大勢の人の前に立って台詞言うなんて
出来ない
って思う
必ずといっていいほど
そういうOFFモードになってしまう

あんまりOFFになりすぎると
太ったりしちゃうから要注意
特にお正月が危ないよ

写真は
私をジッと見つめてエサを要求するバミ
2008.12.19 / Top↑
えへへ
デザインを年末向けにしてみましたわ

今日片付けをしていたら
娘が「サンタさんへ」って書いた手紙が出てきた
長女が3年生の時に書いたもので
ゲームソフトをお願いしていた

長女は4年生までサンタを信じていて
4年生のクリスマスにはハムスターをお願いし
寝ずにサンタを見張ると言っていたが
朝にはハムスターが届いていて
びっくりしていた
まぁ、親としては大成功だったわけだが
いくらなんでも、もうそろそろ真実を知っていないと
学校の友達にバカにされるのではないかと
親の私の方が懸念して
タネあかしをしてしまった
今思うと
本当にばれるまで
サンタのふりをしていればよかったようにも思う
でも
ばれてしまうのが怖いような気もしていた
ばらしてしまう方がいいような気がしたのだ
どう違うかはよくわからないんだけど
その年から
我が家にはサンタは来ず
娘達の不可思議の世界は少し小さくなってしまったわけだ

「サンタさんへ」
って
涙が出るほど美しいよね


2008.12.16 / Top↑
081216_0011~02.jpg
以前iPodを三つ並べた写真をアップしましたが
これ、なんだと思います?
ノートパソコンですわ
娘たちのです
クリスマスと誕生日の合わせ技として
娘らのおじさんがプレゼントしてくれたんです
…何と言う文明的生活なのだろう…
与え過ぎ!
という皆さんの声が聞こえてきそうだな
はい、注意して見守ります

2008.12.16 / Top↑
昨日はKERA・MAP「あれから」を観に世田谷パブリックシアターへ
池谷のぶえ嬢と一緒に見ようと約束しながらも
いつものように開演ギリギリになりそうな感じで劇場に向かう
心の中で「せたパブ、せたパブ」と繰り返しながら渋谷で山手線を下車し
しかし何故か足はシアターコクーンに向かっていたのだ
八ツ!!と気づいたのは渋谷駅前交差点を渡っている最中
何やってんだ、あたし!!!
くるっと不自然に交差点横断中に身をひるがえし
慌てて田園都市線へ
まぁ、奇跡的に間に合いましたが
ロビーにのぶチンと、偶然一緒になった野中さんが待っていて
この話をアワアワ話したら「あいかわらず・・・」
という感じで軽く流されたよ

芝居は、大人たちのなんだか素敵なお話だった
ケラさんの話にしては珍しい感じなんじゃないかな
見終わって心がほっこりするような

終演後、ケラさんや出演の皆さんと飲み会へ
楽しかった
これまで何回か飲み会では一緒になっていながらも
うまくご挨拶できずにいたケラさんに
「ナスさん」と呼んでもらえて一般人のように嬉しかった
その後、自称小劇場チームでもう一軒はしご
小劇場チームは赤堀くん、野中さん、のぶちん、みのすけさん、
その席で「もういいよ、ナスさんも小劇場チームだよ!」
と みのすけさんに言ってもらえて嬉しかった
なんだか嬉しい言葉をかけてもらえる夜だったのだ~


2008.12.15 / Top↑
母恋ひの記
ご覧いただけたでしょうか?
なんだか一風変わった意欲的な作品だったのではないでしょうか
台本を読んだときに
これをドラマで映像化するのは大変そうだなと感じましたが
谷崎潤一郎の世界らしい
幻想的な面白いドラマでした

私はかつらが似合っていない
という噂を
試写を見たNHKの知り合い筋から聞いていましたが
まぁあんなもんなんだろうと思いますわ
黒木さんと一緒に写っちまってるのが原因だと思いますわ


2008.12.13 / Top↑
おとといはキャラメルボックスを見にサンシャイン劇場へ
キャラメルは私が大学時に入った学生劇団が母体となっていて
創設メンバーは私が直接お世話になった先輩方ばかりだ
つまりキャラメルの旗揚げから今日に至るまでの
その目ざましい躍進ぶりを傍から見ていたわけだ
ほんとにね
あの膨大な数のお客さんたちのハートをつかむってのは
並大抵のことじゃないね
それももう20年以上続いてるんだよ
青年座も大いに見習わんといかんね

昨日は俳優座劇場へ「空の定義」を見に
行ってみたら青年座の人が大勢来てた
総会か?ってくらい
芝居はチームワークが良くて
何気ない日常的なお芝居だったけどとても楽しめた
終演後皆さんと飲み会がいっしょになって
役者達が信頼しあっている様子を感じて
素敵だなぁ と思いましたわん

えっと、明日13日の午後9時から
NHK総合の「母恋ひの記」に出ます
岩手にロケに行っていたやつです
劇団ひとりさん、黒木瞳さんの母子の物語です
お時間ありましたら是非!



2008.12.12 / Top↑
081209_0057~010002.jpg
とんがり頭の娘です
2008.12.09 / Top↑
昨日はある映画の衣装合わせと本読み
参加させてもらうだけで光栄な映画
メインの方々ときっちり本読みして
監督にきっちりダメ出しもらって
とっても緊張しました私
新人気分の43歳でした
その後
ドリさんが出るライブを見に吉祥寺へ
演劇人ばかりが出演するライブで
去年あたりから年に二回くらいやっているらしい
ライブなんかほとんど行ったことがない43歳だが
ドリさん以外にも大勢知り合いの役者さんが出ていてとても楽しめました
皆芸達者やなぁ

今日は本読み会
テネシーウィリアムズの二編を読んだ
二つとも凄い急展開の濃い話
池内さんのアドバイスを受けて新しいアプローチで読んでみたら
とっても新しい発見があった
むむむ、演劇って面白いかも
って思った
演劇始めて20年以上の43歳ですがね…

2008.12.07 / Top↑
081203_0646~01.jpg
朝起きて空にお祈りするのが
習慣になってきたよ
気分いいよ

9月から芝居が二本続いたので
家の中が崩壊してしまった
いや
家族がっていう意味じゃないよ散らかり放題になっちまったという意味よ
まぁ子供たちの心も淋しくあったとは思います
だもんで芝居が終わってここ数日
おかたづけと子供サービスの日々です
子供といってももう年頃だからね
サービスはショッピングなわけよ
したがって財布がピンチな母べぇなわけよ
「母べぇ」 見たわ
泣いたわ
2008.12.06 / Top↑
081130_1318~01.jpg
MOTHER終わりました
昨日はMOTHER組の打ち上げ
今日は三部作合同打ち上げ
連日打って上がっとります

写真は千秋楽の本番前に緑子さんと
今回、緑子さんと共演できたことがホントに素敵な体験だった
以前も書いたけど憧れのドリさんだったので
最初はキンチョーしてしまってうまく話すこともできなかったけど
晶子とスガコとして
大切なシーンを演じることができて幸せだった
ドリさん
ちょーカワイイ
ちょーカッコイイ
大好き

そして、三部作をご覧下さった皆様
ありがとうございました!

2008.12.02 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。