上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
あと数時間でおわる2010年

ありがとうありがとう


新しい年が輝きに満ちた
素晴らしい年になりますよう

皆様の新年も
喜びに溢れますよう

またね!

スポンサーサイト
2010.12.31 / Top↑

2010年もあと一日
皆さんにとって、どんな一年間でしたか?

私は激しく心の動くことの多い一年でした
大いに泣いたり笑ったり

そんな今年の最後の最後
本日未明に
愛猫のバミが亡くなりました

半月ほど前
ガンと診断され治療も困難ということで
あとは残りの日々を穏やかに過ごせるよう
皆で見守っていました

成猫になってから我が家に来たバミ
年齢も定かではなく
多分13才くらいだったんだと思います

死ぬ直前まで
食べられたし
動きにくい身体でトイレまで歩いて行って偉かったね

気位の高いバミ
大きな瞳の美しいバミ
大好きだった
ありがとう
ありがとう
サヨウナラ

皆が新年を新たな気持ちで迎えられるよう
今年のうちに旅立ってくれたのかも
私も
生まれ変わった気持ちで新しい年を迎えたいと思います
サヨウナラ2010
1から始まる2011

2010.12.30 / Top↑

正面に遠く見えるのは富士山
素晴らしく澄んだ空気

クリスマスですな
皆さんいかがお過ごしでしょう
私は父の転院先を探すため
一日じゅうクリスマス渋滞の中車で動き回りました
我が家は外食するでもなく
受験生はコタツで勉強
遊び呆ける高校生は外泊と
みなバラバラ
Mステ見ながら
「嵐かわい~」「福山雅治色っぽい~」
と母娘で男にいろいろとコメントつけるのが楽しかった
そんなクリスマス
Merry X'mas !
2010.12.25 / Top↑

先日
「ゴッホ展」行きました~
写真、後ろ姿の末娘と一緒に
初めての新国立美術館

絵の筆のタッチを見つめていると
それを描いた瞬間のゴッホの心情が感じられるようだったり
「1887年6月パリ」
などという制作年を見ると
絵の中にその年のその季節のその地域の空気が香るようだったり
不思議な感覚がたくさんありました
それらを絵に封じ込められたから
ゴッホは今でも多くの人々を魅了し続けるのでしょうねぇ

末娘は
将来、美術系に進みたい人なんです
きっとたくさん刺激をもらったことでせう
2010.12.22 / Top↑

猫じゃらしを見つめる


12月
観劇月間
面白そうな芝居がたくさんあって
実際観た芝居はどれも面白く
感想書ききれません
センスが素敵だった「ラスコーリニコフとスヴィドリガイロフ」
チョウくんの背中にクラッときた「春琴」
プロのお仕事に感服の「黴菌」
人間の極限の怖さを見せられた「さよなら渓谷」
チケットとってくださった方々
ありがとうございました

そしてこの後もまだまだ続く観劇月間
見たいもの全ては見られません
すいません
一応、受験生の母なので


今、私の横で、三人娘のお喋り地獄
「ちょーやばいっしょ」「あいつの姉ちゃんクソ鬼ギャルだよな」「アホ毛なんだよアタシ」「風呂はいろっ」
ペラペラペラペラ
よーしゃべるわ
2010.12.19 / Top↑
ちょっとづつ浮上の風邪ひき

病み上がりのボンヤリした頭で人に会う
ボンヤリ反応する
これもまたいいなぁ と思った
きっと普段の私ってキリキリしてるんだ
病み上がりぐらいが丁度いい

病院のとうちゃんに会いに行く
しゃべれない
とうちゃんの
辛そうな哀しそうな顔を見た
あぁ
どうもしてあげられないよ
うんうん
って うなづいて
手を握ってあげるしかできないよ
この世に意味のないことはない とか
全ては悪くは進まない とか
そういう言葉
信じたいし
好きだけど
とうちゃんのこの状態は
何かのプラスになっているのでしょうか
あたしが、もしも
とうちゃんみたいになったら
自分をなぐさめる言葉さえも失ったら
あたしはどう生きたらいいのかわからない
とうちゃん
がんばって
がんばってとしか言えないよ

いま
流星群だって
次女が屋上で見たって



2010.12.15 / Top↑

白熊の覆面をかぶった
青いポニーが
バミを狙っている


あ~~~
風邪だ
こんなにきちんと風邪ひいたのは久しぶりだ
芝居おわった後の
隙間を襲われた
あ~~~
健康が恋しい


2010.12.12 / Top↑
THE SHAMPOO HATの「砂町の王」を観た

姦しの三人で待ち合わせして共にスズナリへ
THE SHAMPOO HATは観る前にドキドキするほど楽しみな
私にとっては数少ない劇団
そして今回も
じ~っくり堪能しました
あまりに集中して見てるから
見終わったらドッと疲れた

一昨年のTHE SHAMPOO HATへの客演と
今年劇団姦しで作・演出をお願いした経験から
赤堀くんがどれくらい役者に身を投じることを要求するか
少しはわかっているつもりなので余計に
舞台上で苦しむ登場人物たちの苦しみ具合が
見ている私をグイグイしんどくさせ
んで
結局はやっぱり泣かされちゃうんだな


すごいっつーことだな
すごいっす
好きっす
シャンプーハット

終演後
偶然見にいらしてたケラマップご出演の方々や
本多劇場で公演中の大人計画の方々と同じ席での飲み会となり
「小劇場界頂上決戦か」
と酔っ払い赤堀氏が言ってたけど
あ~そうだよな
と思う
みんな酔ってヘラヘラしてる人たちだけど

すごいっつーことですよ
すごいっす


ここまで書いて
私も「劇団姦し」を立ち上げて
一応、小劇場界の仲間入りしたんじゃないか
と思い至る
昨日いっしょに飲みの席にいた池谷のぶえさんが
ご自身のブログで私のことを
「劇団姦しの那須佐代子さん」
と紹介してくださっていたのを
新鮮に感じていた今日の午後
そっか
小劇場界の人になれたのか
頂上目指してみっか
ふふふふふ
2010.12.10 / Top↑

なんかサイクルと思っていたらば
風邪かも
風邪のしんどさなら仕方ない
芝居終わると風邪ひくことも多いです
気のゆるみだな

写真はバミと三女
バミは長毛種なので毛玉がひどい
年に二回くらいはカットしてもらってるんだけど
結構な金額だし
今回は自宅で自分たちでカットを試みた
長女に押さえつけてもらい
私がチョキチョキ
当然のことながら
嫌がるバミ
怒りの鳴き声フンギャ~から
引っ掻き攻撃ギャギャギャ~へ
さらには噛みつき攻撃ハムゥッッに
引っ掻かれ噛みつかれるのは長女ばかりなのだが
彼女は平気
笑っている
私はビクビク冷や汗をかきながらチョキチョキ
何故長女は猫の攻撃に動じないのだろう
生まれた時から猫と暮らしているからか
そうかもな
お座りがやっとの赤ん坊の頃
猫の毛をグイグイ引っ張って
猫が煩わしそうにしている様子がビデオに映ってる
猫泣かせ長女


ヘアカットはみすぼらしい虎刈り
まぁ、虎もネコ科ってことで

2010.12.04 / Top↑

もう12月ですなぁ

爽快な気分は続いているかといえば
そんなはずもなく
日常のもろもろにぼんやりしたりキリキリしたり
今月は見たい芝居も多く
自分の芝居が終わったあとにいい芝居を見ると陥る
あの「私はもう舞台に立つエネルギーがないのではないか」モードに
やはり陥りそうになる
このサイクル
サイクルとわかっていてもシンドイ

ちょっとづつ身体を慣らしていかないとな
日々のこまごまに喜びを見出だしていかないとな

まずは娘たちの可愛らしさに集中して
愛することに集中して

2010.12.02 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。