上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
映画「スパイ・ゾルゲ」を見た
ゾルゲ事件の勉強のためだし
あまり期待もしていなかったのだが
意外にもかなり面白かった
篠田正浩監督さすがです
映像で見て初めて実感することってある
百聞は一見にしかず
という感じかな

尾崎秀実という人が
あんなに政治の中心近くにいた要人だったのだということを
再認識し
その彼がスパイ行為をするということが
どれだけ大それたことか
どんな気持ちだったろうか
きっととてつもなく恐ろしかったろう
けれどもそうせざるえない強い思いがあったのだろう

もちろん「オットー」とは違うのだが
歴史的背景をお勉強するという意味で
「オットーと呼ばれる日本人」観劇予定の方で
ゾルゲ事件をよくご存知でない方は
「スパイ・ゾルゲ」を見てから観劇するとよいかもしれません


2008.04.26 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。