上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本番前の最後の休み
一日こまごました用事のため車で動き回る
新橋演舞場に荷物を持って行き
その後、銀座、新宿、池袋、高田馬場に立ち寄る
あ~しんど

一日じゅう頭からなかなか離れない腹立たしい出来事があり
何故にそんなに腹がたつのか
ずっと考えながら移動していた
私はこう見えて
他人に本気で腹をたてることは少ない
でも
ある種のことに出会うと
一瞬にして沸騰してしまう
そのある種とは
どんな種なのか
いままでの経験の共通項を見出したかった
そして
わかりました
私は「度量の狭い」人、またはそんな言動が、嫌いなのです
その狭っ苦しさを感じた瞬間に
ものすごい拒否反応がおきるのです
これまで数々の狭き人々、またはその言動たち
(少なくとも私にはそう思えるもの)に
ブッチンと音をたてて切れていた私
とはいっても
その「度量の狭さギレ」が
正しいと言っているわけではないのですよ
私が間違っていることも多々あるのでしょう
けれど
そのへんの理屈を飛び越える勢いで
狭さの匂いを嗅ぎとるやいなや
瞬時にNO!となってしまう私がいるわけです
そんな話を母にしたら
「年をとったらそんなことじゃ腹もたたなくなるわよ~
 それが年をとるということなのよ~」
と言っていた
ふ~ん、そうか
まだまだ道のりは長いな

明日からは怒涛の舞台稽古です
体力勝負!


2009.06.30 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。