上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今回の震災について
自分の思いがずっとまとまらなかったんだけど
今日ある思いがはっきりしたので
ちょっと書いておこうと思います

それは父の見舞いに行って帰る時に感じたこと

父には父の時間があり
被災者には被災者の時間があり
私には私の時間がある
どんなに同情しても しても しても
当事者の思いには程遠い
私はどうしたって第三者でしかない
だから
中途半端に同情するのが嫌だ
そんな自分を冷たい人間のようにも思う
でも
もし当事者を演じるとしたら
その悲しみ憤り絶望感を演じるとしたら
中途半端な想像では
あまりにも無礼だろう
同情するというのなら
当事者を演じるくらいの真剣さをもってでなければ
そうでなければ
あの惨状をテレビで目にすることさえも失礼な気がする

では
そして
どうするのか
何ができるのか
おのれの行動のひとつひとつに
考えていることのひとつひとつに
真剣になろう
と思う
朝起きて 夜寝るまでの
些細だけど
それが全てだから

なおかつ
忘れてはいけないのは
「人生って、生きるって、素晴らしい!」
という
明るさと軽やかさは
常に持ち続けて


以上
自分への言葉です
たいしたものではないけど
自分にとってはある道筋です
きっと
この震災で感じたことは
皆ひとりひとり違うはず
でも大きいはず
それが
結果的に
強く優しいエネルギーになっていけばいいですね
2011.04.04 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。